パン作りの「ナゼ?」「どうして?」を全て解決!

menu

手作りパンの大事典

ベーグルをクイジナート(フープロ)で作ったのですが表面がツルンとしません。どうしてでしょうか?



Question:
今日も、ベーグルに挑戦しました。
前回、生地温度が36℃まであがってしまったので、今回は水温を氷で下げてミキシングをしました。(温度計で実温度測るのを忘れました)

ところが、前回と同じ時間だけクイジナートでミキシングしても、生地が前回のようにならず、結局、
2分プラスして、生地ができあがりました。

グルテンの様子はいかがでしょうか?
ミキシングは、大丈夫そうですか?

水温が低いと、生地のできあがる速度が遅れたりするのでしょうか?
こねあげ生地温は、28℃。

温度調整して26℃で一次発酵をとりました。
表面に空気がポツポツと現れています。
今回は、分割の時にも、気泡を均一にすることを念頭にパンチしてみたのですが、やはり足りなかったのでしょうか?

ちょっと残念な見た目になってしまいました。気泡、大きすぎますよね。
目標は、”表面をツルンと、内相は、きめ細やかに”なのですが・・・
よろしくお願いします。


Answer:
ちょっとこの写真では分かりにくいのですが、出来上がっているベーグルに関してはガス抜きの調整でうまくいくのでは?
そろそろ「ミキシングのチェックお願いします」という私に判断まかせなところから抜け出していきましょう。

教材には自分で判断できるようになるぐらいケースバイケースの話までしています。
もう少し発展性のある質問とか出てきてほしいです。

せっかく私の教材使って学んでくれているのですから…
表面のガスなど確かに気泡があるのはわかるのですが、ちょっと神経質になりすぎですね。


Question:
これで、大丈夫かな?と思うまでミキシングし、グルテンチェックをしているのですが、なかなか”よし”と自信が持てなくて。

ありがとうございました。(^.^)
回数こなして、がんばります。


Answer:
頑張ってください!

そして自分で判断して「自分のパン作り」を構築することを目標にしていきましょう!

スポンサードリンク

関連記事